農薬散布ドローンを使用する3つのメリット

人手不足や農家の高齢化により、

人力での作業に限界を感じる・・・
もっと効率的に作業をしたい

そう考える農家の方は多いのではないでしょうか。
農薬散布ドローンを導入する事で、そんな悩みを解消することができます。
農薬散布ドローンを使用するメリットについて解説します。

メリットその1:効率性UP

ドローンで農薬散布を行う場合、1ha(1町あたり)約10分の作業時間で終えることができるため、
人力の時と比べて作業時間を1/5に短縮することができます。

メリットその2:高齢化への対応

重たいタンクを背負っての農薬散布作業がなくなることにより、重労働から開放されます。
かつ、人力での農薬散布時に、農薬を吸い込んむことによる人体への影響を最小限に抑えることができます。

メリットその3:データの蓄積・アドバイス

お客様の過去の農薬散布時期などのデータを提供し、散布すべき農薬や時期についてアドバイスいたします。

 

料金表

対象エリア 天草島内 天草島外
作業時間(1ha/1町あたり)  約10分
作業料金(10a/1反あたり) 2000円 2500円

 

実際に、農薬散布をお任せいただいている米農家さんから

炎天下の中の作業もなくなって楽になった!

と喜んでいただき、「今後ドローンなしでの農薬散布は考えられない」というお言葉もいただいています。

ドローンを使って、農業でラクしませんか?

お問い合わせや不明点等あれば、お気軽にご連絡ください。